ミッションクリティカルなシステム開発を支える、
可用性の高いAWS環境の構築・運用

株式会社ハイブリッド
テクノロジーズ 様
導入事例

株式会社ハイブリッドテクノロジーズについて

日本向けのオフショア開発事業をベトナムのハノイ、ホーチミン、ダナンと日本の東京、大阪に拠点を構えて展開。会社単体で700名、グループでは1000名のエンジニアを抱えており東南アジアにおける日系のオフショア開発会社としては最大規模の企業。

社名
株式会社ハイブリッドテクノロジーズ
事業
ハイブリッド型開発
設立
2016年4月
URL
https://hybrid-technologies.co.jp/index.html

業種・業態を問わず、お客様に合わせた最適なAWS環境を提案

新井様
株式会社ハイブリッドテクノロジーズ
執行役員 営業部長
新井様

導入前の課題

ハイブリッドテクノロジーズ様は日本企業のハイブリッド型開発・受託開発をメインにしたオフショア開発を展開しており、Webシステムやスマートフォンのアプリケーション開発を得意としています。アプリケーション開発だけでなく、その基盤となるインフラ、主にAWSの構築についてもお客様から相談を受けることがあり、お客様がIT企業ではないケースでは特例としてAWSの導入・運用までを請け負うことがあります。ハイブリッドテクノロジーズ様ではAWS構築を得意とするサーバーエンジニアもいますが、少人数のため全てのプロジェクトにアサインをするのは難しく、また24時間365日の監視・運用を行う体制はありません。プロジェクトにアサインされるエンジニアはアプリケーションの開発が主業務であるため、AWSの概要は把握していても、どのサービス、コンポーネントを組み合わせて環境を構築すれば最適なのかまではわからず、主業務の作業工数を圧迫するAWS環境の構築にとれる時間も少ないことが課題でした。


「当社ではお客様の事業に直接的な影響を与えるミッションクリティカルなシステム・アプリケーションの開発に携わる機会も多く、そのためインフラの可用性が重要となってきます。NHN テコラスはインフラの構築・運用実績が20年あり、AWSを熟知したエンジニアを有している点でお客様に紹介した際にも信頼していただきやすいです。当社は様々な業種、業態のお客様の開発業務を請け負っていますが、NHN テコラスは豊富なノウハウから、規模や予算に応じてお客様に合わせた最適なAWS構成のパターンをご提案してもらっています。」(新井様)

業種・業態を問わず、お客様に合わせた最適なAWS環境を提案

NHN テコラスの運用支援と導入後の効果

ハイブリッドテクノロジーズ様ではAWS活用支援サービスC-Chorusで提供している、導入支援やマネージドサービス、プロフェッショナルサポートを利用しています。 マネージドサービスでは、URLによる死活監視から、ログ監視、ポート監視などのサービスレベルを満たす監視まで、お客様のシステム要件・環境に応じて様々な監視設定をしています。またプロフェッショナルサポートを利用することで、AWSのベストプラクティスに沿った最適な運用ができているかについてコスト、構成、キャパシティなど様々な面からサポートを行っています。

「SNSのバズによりアクセスが増減するECサイトがあり、お客様からは機会損失を防ぐため、サイトダウンしないことに重点を置いて構築してほしいとご要望をいただいたことがあります。当社が間に入り、NHN テコラスとお客様で直接インフラ設計や今後の運用についてコミュニケーションをしてもらい、AWS環境を構築していきました。立ち上げから1年以上経過していますが、障害もなく安定した運用を実現できています。可用性に重点を置いた構成にしていましたが、今後は運用で収集したデータを元にNHN テコラスと相談しながら構成をより最適化させることでコストの削減を行っていきたいと考えています。当社のエンジニアもお客様もAWSについて技術レベルでの理解度は様々ですが、それぞれに合わせた最適な設計・運用の提案をもらえていると実感しています。会社として、AI、機械学習、ブロックチェーンなどの新しい技術へも挑戦しているため、それらの技術を支えるインフラ設計について今後もNHN テコラスに相談していきたいです。」(新井様)

NHN テコラスは20年を超えるインフラ運用で培った技術力を活かし、今後もハイブリッドテクノロジーズ様のビジネスをサポートして参ります。

AWS活用支援「C-Chorus」の資料はこちら

サービス資料をダウンロード (無料)