システムに最適なAWS環境の構築と
AWSを基盤としたリモートワークのIT統制を整備

オリエンタルバイオ株式会社 様
導入事例

オリエンタルバイオ株式会社について

理念 「暮らしに希望を 家族のように寄りそって」

喜びを一緒に分かち合い、つらさをともに共有したい。
皆さまの健康生活を支えるお側役となるために、私たちオリエンタルバイオは、常に最良を追及し、個人および組織として、誠実に、謙虚な姿勢で、努力を惜しまず、情熱をもって日々邁進してまいります。

社名
オリエンタルバイオ株式会社
事業
健康食品の販売
設立
1991年
URL
https://www.orientalbio.co.jp/

Laravelを利用した新システムのための最適なAWS環境の構築

健康食品を販売するECサイトに関連するシステムをオンプレミス環境で運用していたオリエンタルバイオ様では、Laravelで開発した新システムに移行するタイミングでコストやスケールメリットからAWS環境へ移行を決めました。AWS環境にはECサイトのほか、電話注文の対応を行うコールセンターのスタッフが利用する顧客管理システム、商品の配送管理を行う管理画面も同時に移行を予定していました。
NHN テコラスでは、オリエンタルバイオ様の本社、新浦安・沖縄のコールセンター、物流倉庫など、複数拠点を専用線でつなぐネットワークの構築支援を行っており、その対応をご評価いただいたことと、オンプレミスやAWSの環境構築の知見が深いことから新システムのAWS環境の構築をご依頼いただきました。

当初はDockerでサーバー管理を行うためAmazon ECSを利用した設計で提案を行いましたが、デプロイに時間がかかるなどの問題もあり、オリエンタルバイオ様のシステム要件により最適なAWS環境について再提案し、解決しました。NHN テコラスでは技術的なコンサルティング支援とともにAWS環境の設計・構築、Zabbixによる監視の初期設定を行っています。
移行後のAWS環境はNHN テコラスのリセールサービスを利用することでAWS利用料を割引で利用することができています。さらなるコスト最適化のため、Amazon EC2、Amazon RDSのリザーブドインスタンスやAmazon ElastiCacheのリザーブドノードを活用し、オンデマンドインスタンスを利用した場合と比較して約3割コストを抑えることができました。オリエンタルバイオ様ではインフラの機能拡張のための作業代行や、コスト最適化の課題を解決するためにプロフェッショナルサポートもご利用いただいており、NHN テコラスのAWSに関する知見を効率的に活用することで、自社の業務システム開発に注力することができています。

AWS基盤を活用し、IT資産の管理とセキュアな認証環境で
IT統制を整備

また、新型コロナウィルス感染症の影響でコールセンターのスタッフに在宅勤務の措置を取る中、IT統制を整備するためIT資産の管理と在宅勤務時のユーザー認証におけるセキュリティ対策でもAWSを活用しています。
IT資産管理については、NHN テコラス社内での事例をベースに提案を行い、ディー・オー・エス社のSS1を利用するための管理サーバーとクライアントサーバーをAWSで構築しています。
在宅勤務となったコールセンターのスタッフが利用する顧客管理システムについては、本社のネットワークを経由してルーターへのトラフィック負荷をかけたくないというご要望をもとに、Googleアカウントをアイデンティティプロバイダ (IdP)として利用し、Application Load Balancerを経由したセキュアな認証環境を構築しました。
NHN テコラスでは今後もオリエンタルバイオ様の業務を支えるため、多くの実績で培った知見を活かして最適なインフラ環境のご提案と支援を続けて参ります。

AWS活用支援「C-Chorus」の資料はこちら

サービス資料をダウンロード (無料)