物理サーバーから手探りの
AWSへの移行を徹底サポート
運用を改善するために
設計も最適化

株式会社T-Garden 様
導入事例

株式会社T-Gardenについて

T-Gardenは女性の「なりたい」を応援する事業を展開しています。
創業以来、多数の化粧品やカラーコンタクトなどを企画販売。多くのヒットブランドを世に送り出しマーケットの構築をしてきました。また自社商品のマーチャンダイジングで得た知見や情報網を活かしたプロモーション事業など、女性に特化したサービスを展開しています。

社名
株式会社T-Garden
事業
化粧品の企画・開発
カラーコンタクトの企画・開発
メディアサイト・Eコマースサイトの運営
プロモーション事業
設立
2004年2月
従業員数
45名(2018年7月1日現在)
URL
https://www.t-garden.jp/

アクセスが集中すると落ちやすい物理サーバーの構成のため、
運用の手間と障害発生のリスクを改善したい

浅野様
株式会社T-Garden
SEチーム Senior Engineer
浅野様

導入前の課題

以前はデータセンターで物理サーバー上にECサイト、ブランドサイト、業務システムを構築し、運用していました。しかし、サーバーの構成は最低限の冗長化しかされておらず、さらに1つのネットワーク上にECサイトとブランドサイトなどの複数のサービスが相乗りをしていました。そのため1つのサービスで高負荷や障害が発生すると、そのサービスに引きずられる形で他のサービスにも影響がでてしまいました。とくにキャンペーンを行うとSNSで拡散され急激に負荷が高まることがあり、対策として予めアクセスの増加が予想される場合には他のサービスに影響が出ないようにLB(スイッチ側)で振り分けたり、サーバーを調整したりと運用の手間も発生しておりました。
また物理サーバーで運用しているため、複数のサービスで高負荷にも耐えられるように、余裕をもった台数で運用しており、サーバーのリソースは余裕があるのに費用は支払うというコスト面での課題も感じていました。

お客様のご要望

新規のブランド立ち上げ計画やそれに連動したキャンペーンなどのプランがあったため、先述したサーバー構成では限界がくると考え、リソースを自由に調整できるAWSへ移行するという方針になりました。検証環境などでAWSの利用経験はありましたが、通常の業務をこなし、さらにボトルネックを解消できる設計や移行作業を行うにはリソースと経験が不足していました。そのため移行を任せられるパートナーを探し、NHN テコラスに声をかけました。

基本セットとなるAWSのサーバー構成を設計
量産することで運用の手間を軽減、立ち上げもスピーディに

NHN テコラスを選んだ理由

物理サーバーからAWSへの移行は当社も初めての経験だったため、物理サーバーとAWSの両方に詳しい会社を探していました。
NHN テコラスはデータセンターを運用しており、物理サーバーのノウハウが豊富なだけではなく、AWSのアドバンスドコンサルティングパートナーでもあったため、当社の希望する条件と合致しています。
提案の際にもAWSに精通していて知識と経験をもったプロジェクトマネージャーとAWSの資格を有する専門性の高いエンジニアに担当いただいたことでより信頼感がまし、ぜひ移行をお願いしたいと思いました。

NHN テコラスの提案・対応

当社の課題をヒアリングしていただき、各サービスでネットワークを分け、サービス規模に合わせた最適なAWSの設計をしていただきました。基本のサーバー構成を設計いただき統一することで、新しくサービスを立ち上げる際にもすばやく対応できるようになっています。

ELB、EC2、 ElastiCache、RDSを一つの基本セットとすることで構築時のルールを明確にし、新サービス立ち上げの際にもスピーディに対応できるよう設計を整理

さらに当社では気づけなかったであろうAWS特有の仕様、NAT ゲートウェイの申請やメールの送信部分などで指摘をいただけたため、スムーズにプロジェクトを進めることができました。またタスクやスケジュールをきる進捗管理も含めて対応していただいたことには大変感謝しております。 移行作業は当社のエンジニアに任せられる部分は任せてもらい、不明点をサポートしていただきました。当社のエンジニアも共同でプロジェクトが進めることができ、ノウハウを共有いただくことでAWS環境を構築する経験値を積めたのは今後活用できる財産となりました。

導入後の効果

導入前の課題であったボトルネックを解消できる設計・構成に最適化されたことにより運用のリソースを大幅に削減することができました。さらに以前は繁忙期にECと物流の基幹システムとの連携でレイテンシーが高くなり遅延が発生することもありましたが、各サービスで最適な構成をとったことから、それらも解消することができました。また各サービスで冗長化をしたため、キャンペーンなどの高負荷時が予想される場合には、予めインスタンスを増やし、クラウドのメリットが活かせる状態になりました。
いまは運用・監視についてお任せするだけでなく、エンジニアサポートのサービスも利用しています。そのためインスタンスの計画メンテナンスの際の対応や、障害発生時の復旧対応、通常運用での作業依頼など、エンジニアのリソースが足りない繁忙期に大いに活用させてもらっています。
NHN テコラスにインフラの運用を一任することで、当社のサービスに活用できるAWSの機能やサービスを調べて提案する余裕も生まれてきました。今後はリザーブドインスタンスを活用することでコストの削減やAmazon Rekognitionを活用し動画配信の分析も検討していきたいと考えています。