CONTACTお問い合わせ

当社ロゴ及び各サービスロゴの利用に関する申請

この度は当社ロゴ及び各サービスロゴの利用にお申込みいただきまして、誠にありがとうございます。
ロゴの利用に際して、当社「ロゴ申請規約」をご確認ください。

ロゴ申請規約

ロゴ申請規約(以下「本規約」といいます。)は、NHN テコラス株式会社(以下「当社」といいます。)が権利を有する当社のロゴ利用について定めるものです。

第1条 (定義)

本規約で用いる用語の意義は次のとおりとします。

    • (1) 「ロゴ」とは、当社が権利を有する当社のコーポレートロゴ及び当社の各サービスロゴの個別又は総称をいいます。
    • (2) 「利用者」とは、ロゴの利用を希望する者が、本規約に同意のうえ、別途当社が定める申請フォームによってロゴの利用を申込み、当社からロゴの利用を許諾された者をいいます。
    • (3) 「諸規定」とは、名称の如何を問わず、当社から利用者に対して当社Webサイトに掲載又はその他適切な方法で通知するレギュレーション、その他のロゴの利用に関する各取り決めをいいます。なお、諸規定は本規約の一部を構成します。
第2条 (許諾)
  • 1. 利用者の申請フォームによる申込みに対し、当社の取引基準に基づく審査により適格と判断され、当社の電子メールによる承諾の通知がなされた場合、当社は利用者に対してロゴの利用を許諾するものとします。
  • 2. 利用者は、申請フォーム記載の担当者様情報について変更が生じた場合、当社に対し、遅滞なく通知するものとします。
第3条 (ロゴの利用)
  • 1. 当社は、利用者が諸規定を含む本規約を遵守することを条件に、利用者に対し、申請フォームに記載する利用目的の範囲内及び申請対象物の掲載媒体において、ロゴの利用を非独占的に許諾します。
  • 2. 本規約に基づくロゴの利用許諾の対価は無償とします。
  • 3. 利用者は、第1項で許諾を受けた権利を、第三者に再許諾しないものとし、また、ロゴ及びロゴに係るデータについて改変をしないものとします。
  • 4. 利用者は、当社のロゴを使用して、自己の営業又は事業を行わないものとします。
  • 5. 利用者は、ロゴの利用にあたり、適用ある法令を遵守すること、並びに掲載媒体に係る制作、製造、頒布及び公表にあたり、第三者の権利を侵害せず、ロゴのイメージを損なわないよう十分に配慮することを当社に対して保証するものとします。
  • 6. 利用者が前項に反し、当社に対して第三者からクレーム、請求又は訴訟等が提起された場合、利用者は、自らの責任と費用負担によりこれに対応するものとし、当社に一切の迷惑をかけてはならないものとします。
第4条 (権利の保護)
  • 1. 利用者は、ロゴにかかる一切の権利(著作権、商標権等の知的財産権を含みますが、これらに限りません。)は、すべて当社又は当社の関連会社に帰属しており、また今後も継続して帰属することを確認します。
  • 2. ロゴには、当社が商標登録出願中であるものも含まれるものとし、利用者は当該ロゴを商標登録完了後も引き続き利用することができるものとします。
第5条 (報告・監修等)

利用者は、当社からの要求があった場合には、ロゴの利用状況等を随時報告する義務を負います。

第6条 (利用の停止等)
  • 1. 利用者は、当社がロゴの利用の停止、修正又は交換等(以下「停止等」といいます。)を要求した場合には、30日以内にこれに応じるものとします。
  • 2. 当社は、利用者が本規約に違反した場合、電子メールを含む書面による通知をもってロゴの利用の停止等を求めることができるものとし、利用者は、直ちにこれに応じるものとします。
第7条 (破棄・返還)
  • 1. 利用者は、第6条(利用の停止等)1項又は第10条(反社会的勢力の排除)3項により利用の停止等を要求された場合には、以後(第6条1項については応答期間経過後)、当該ロゴの利用を行なわないものとし、当社の指示に従いロゴに係るデータを破棄し、又は当社に返還するものとします。
  • 2. 利用者は、前項の場合に、掲載媒体がWebサイトのときは、掲載媒体上からロゴを抹消し、また、掲載媒体が紙面のとき又はその他のものであるときは、当社からの指示に従いロゴを利用しないよう処理するものとします。
第8条 (免責)

当社は、ロゴに起因して利用者に生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。

第9条 (譲渡禁止)

利用者は、当社の書面による事前の承諾を得ない限り、本規約によって生じる権利義務の全部又は一部を第三者に譲渡し又は担保に供してはならないものとします。

第10条 (反社会的勢力の排除)
  • 1. 当社及び利用者は、自己又はその代表者、役員、実質的に経営権を有する者、従業員、代理人又は媒介者(以下「関係者」といいます。)が、現在、次のいずれにも該当しないことを表明し、かつ、将来にわたっても該当しないことを確約します。

    • (1) 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「暴対法」といいます。)第2条第2号に規定する暴力団をいいます。)
    • (2) 暴力団員(暴対法第2条第6号に規定する暴力団員をいいます。)
    • (3) 暴力団準構成員
    • (4) 暴力団関係企業
    • (5) 総会屋等、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、又は特殊知能暴力集団
    • (6) 前各号に定める者と密接な関わり(資金その他の便益提供行為を含むが、これらに限りません。)を有する者
    • (7) その他前各号に準じる者
  • 2. 当社及び利用者は、自ら又はその関係者が、直接的又は間接的に、次の各号に該当する行為を行わないことを確約します。
    • (1) 暴力的な要求行為
    • (2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
    • (3) 取引に関して、脅迫的な言動(自己又はその関係者が前項に定める者である旨を伝えることを含みますが、これらに限りません。)をし、又は暴力を用いる行為
    • (4) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
    • (5) その他前各号に準じる行為
  • 3. 当社は、利用者が前二項に定める表明事項又は確約事項のいずれかに違反することが判明した場合、何らの催告を要することなく本規約に基づくロゴの利用停止等を求めることができます。
  • 4. 当社は、前項の規定によりロゴの利用停止等を要求した場合、これによって利用者に生じた損害、損失及び費用を補償する責任を負わないものとします。
第11条 (準拠法)

本規約の有効性、解釈及び履行については日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。

第12条 (管轄裁判所)

当社及び利用者は、本規約に係る一切の紛争処理については、訴額に応じて、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

第13条 (本規約の変更)

当社は、当社の判断により、あらかじめ通知することなく、いつでも本規約を変更することができます。変更後の本規約は、当社が運営するWebサイトに掲載又は利用者に対して適切な方法で通知された時点からその効力を生じるものとし、利用者は変更後もロゴを利用し続けることにより、変更後の本規約に同意したものとみなされます。

ロゴ申請規約への同意