EVENTイベント

イベント

イベント

ますます高度化している標的型攻撃や、管理者権限などの特権IDを悪用したインサイダーによる情報漏えいを防ぐためには「内部ネットワークで何が起きているかをすばやく検知し、不正な挙動は止める」という対策が重要になってきています。しかしながら異常通信や不正行為が行われていることをリアルタイムに気付くことは容易ではありません。


本セミナーでは機械学習による内部ネットワークのリアルタイム監視によって全世界で1,500社を超える顧客のネットワーク内から18,000以上の深刻なサイバー攻撃を検知したEnterprise Immune Systemを提供するダークトレース・ジャパンの重川隼飛 氏にご登壇いただき、ルールやシグネチャに依存しない新機軸のセキュリティ対策についてご講演いただきます。


また、NHN テコラスより内部統制の強化によって未然にインサイダーによる情報漏えいを防ぐセキュリティソリューションについて事例を交えながらご紹介させていただきます。

 

イベント名

サイバーセキュリティに求められる最先端と普遍の“内部対策”
~機械学習による次世代防御と内部統制強化によって未然に防ぐ情報漏えい対策~

日時 2017年1月26日(木)15:00~  (開場14:30~)
場所

NHN テコラス株式会社 (地図はこちら
東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア13階

詳細情報


15:00-15:50/特別セッション

『Enterprise Immune Systemデモ 〜次世代サイバー防御に機械学習を活用〜』

ダークトレース・ジャパン株式会社
サイバーディフェンステクノロジースペシャリスト
重川隼飛


15:50-16:20/セッション1

『SIRTの視点でみるセキュリティマネジメント』

NHN テコラス株式会社
セキュリティ事業部 CSIRTマネージャー
黄盛垣


16:40-17:30/セッション2

『事例紹介:霧島酒造が外部委託作業の可視化によって内部統制強化の実現に取り組んだ軌跡』

NHN テコラス株式会社
セキュリティ事業部
事業企画統括 シニアマネージャー CISSP
三浦康暢


お申込みはこちら