OpenStackを利用した最新のクラウド基盤の開発!

D.M.

クラウド基盤開発 / インフラエンジニア

新卒で入社し入社後はインフラエンジニアとしてマネージドサービスの研究・開発に携わる。その時に培った
スキルを活かして現在はデータホテルサービスのプライベートクラウド基盤の研究・開発を行っている。

幅広い知識を必要とする
OpenStackを利用した最新のクラウド基盤の開発

入社後は当社の主力サービスである専用サーバーを利用したマネージドサービスの技術開発に関わってきました。
その後、プライベートクラウドを社内で開発することとなり、現在のチームに移動してOpenStackを利用したプライベートクラウドサービスの基盤開発をしています。主な業務内容はOpenStackの最新機能の検証を中心に、サービス化に必要な技術課題を解決することです。
当社は自社でデータセンターを運用しているため、検証用環境がとても充実しており、必要な機材がすぐに手に入るため、素早く検証を行えるのも魅力の1つです。クラウドサービスの開発にはインフラ・サーバーの知識だけでなく、ネットワークの設定やプログラミングなども必要となってきます。
これまでの積み重ねた技術の集大成という感があり、非常にやりがいがあります。
今後は技術的な知見を深めるのはもちろんのこと、プロジェクトマネージャーとしてチームを引っ張っていけるようになりたいです。

最先端の技術を検証できる環境でスピードを意識して結果をだす

OpenStackはコミュニティでの開発サイクルが速く、次々と新しい機能が追加されています。自社のサービスに必要な機能を取捨選択しているものの、最新の機能を100%使える状態にするためには検証・開発に膨大な時間がかかってしまいます。 そのため着手した作業に関しては100%の状態にならなくても、期限がきた段階で一度プロジェクトマネージャーや他のエンジニアと共有し、どこまで掘り下げて対応するかを検討し、場合によっては一旦保留して他のタスクを進めています。
このように今ある結果をどうサービスに活かすかを考え、スピード感をもって開発に取り組むことを常に意識しています。サービス化に足りない箇所には、他の技術を導入してカバーすることもあり、自分たちの工夫でサービスを作っていく楽しさがあります。

クラウド基盤の研究開発からサービスとしての提供へ

現在はサービスとしての完成度も上がってきており、一部のお客様にOpenStackの試験提供をしています。
社内の研究成果を発表するため、OpenStack Days Tokyoというイベントにも出展し、発表も担当しました。出展用の資料の作成や、発表の準備、事前検証など、新規サービスの立ち上げを通して技術以外の業務にも携わるようになり幅広い経験をしています。

勉強会への参加は積極的に行い、自らも情報発信をしていく

技術情報へのキャッチアップのために社外勉強会やイベントに参加することに対して、会社も推奨をしているため、積極的に参加するようにしています。社内ではエンジニア主催のイベントもあり、Tech nightという情報交換会も行われています。
また社外勉強会は参加するだけでなく、自ら情報発信もします。OpenStack勉強会では、参加者がOpenStackを立ち上げるハンズオンで、講師としてフォローしたことがあり、今後も積極的にイベントで講師や登壇をしていきたいと考えています。
エンジニアの多い会社だから仕事だけでなく趣味の話が合う人も多く、Slackでは自分の好きなチャンネルに参加し、趣味のラーメン食べ歩きやアナログ(ボード)ゲームについて語り合うこともあります。技術に積極的で話のあう仲間がいる働きやすい環境です。

世界に新しい価値を与える
私たちならではのサービスを生み出す。