RELEASEプレスリリース

プレスリリース

プレスリリース
「ドキュメントセキュリティソリューション」「ドキュメント閲覧ソリューション」「教育プラットフォームソリューション」の3製品を新たに追加、セキュアかつ幅広い表現を可能にするドキュメント生成が可能に

NHN テコラス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:稲積 憲、以下 NHN テコラス)は、2016年10月より新たに提供を開始した新デジタルドキュメントソリューション『2BDOCS』(報道発表資料:https://nhn-techorus.com/release/2016_226.html)のラインナップを拡充し、本日より新たに3製品(ドキュメントセキュリティソリューション「2BDOCS DRM」、ドキュメント閲覧ソリューション「2BDOCS WebViewer」、教育プラットフォームソリューション「Connected Classroom」)の提供を開始することとなりましたのでお知らせします。

 

「2BDOCS」は、文書のライフサイクル全体にわたってご利用いただける高機能かつセキュアなデジタルドキュメントソリューションです。汎用性の高いPDFフォーマットをベースに、あらゆるデバイス上でドキュメントの制作・変換、配信・閲覧などを行うことができるのはもちろん、動画や音声などを組み込んだインタラクティブなコンテンツ制作も実現し、豊かで幅広い表現を可能にするドキュメント生成が可能になります。

「2BDOCS」のラインナップに本日新たに加わった、3つのソリューションの主な特長は以下のとおりです。
 

・「2BDOCS WebViewer」
「2BDOCS WebViewer」はブラウザ基盤の専用ビューアーソリューションです。既存のPDFはもちろん「2BDOCS Content Editor」で制作した動画や音声などを組み込んだインタラクティブ性の高いPDFをHTML5に自動変換できます。ユーザーの端末に専用ビューアーを設置する必要なしに、ブラウザからWebViewerにアクセスするだけで全く同じPDFコンテンツの閲覧が可能になります。
 

・「2BDOCS DRM」
「2BDOCS DRM」はデジタルドキュメントのセキュリティ管理を可能にするソリューションです。PDFファイルの暗号化に加え、閲覧統計情報やアクセス追跡・制御など豊富な管理機能を完備しているほか、先にリリースしたPDF変換ソリューション「2BDOCS WorkFlow」や本日リリースした「2BDOCS WebViewer」と連携することで、ドキュメントのPDF変換からセキュリティ付与を自動化できるようになります。そのため、既存のデジタルドキュメントの業務プロセス改善に加え、強力なセキュリティが付与された安心・信頼のドキュメント管理やサービスをサポートします。
 

・「Connected Classroom」
「Connected Classroom」は教室や塾など様々な教育現場で、教師と学生がモバイル端末を利用したICT教育をサポートする次世代教育プラットフォームソリューションです。高価なインフラ設備は必要なく、Wi-Fiに繋がっていればConnected Classroomアプリをインストールするだけで手軽に教師から生徒へのデジタル教材の配布や、教師と生徒の画面を同期しながら授業を進めることができます。
 

「2BDOCS」は、引き続きデジタルドキュメントのライフサイクル全般にわたって利便性を追求した、新たな製品をリリースする予定で今後もさらなるラインナップの拡充を計画しています。『2BDOCS』の概要ならびに提供するソリューションの詳細は以下のサイトをご覧ください。
https://www.2bdocs.com

※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。