アクセス集中によるサイトダウンを回避、
本業に集中できる安定したAWSの運用

公益財団法人 日本財団 様 導入事例

公益財団法人 日本財団について

日本財団は、ボートレースの収益金の一部や寄付金を用いて、多様な社会課題の解決を図るアジア最大級の社会貢献団体です。「ソーシャルイノベーション」のハブとなり、子ども支援、障害者支援、災害復興支援など、よりよい社会づくりを目指しています。

True Colors Festival超ダイバーシティ芸術祭 -世界はいろいろだから面白い-
True Colors Festivalは、創り手と観客が体験を共有できるさまざまなパフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍などのあらゆる違いを楽しむ接点をつくる世界で初めての試みです。2019年夏から始まったこの芸術祭は、多様な個性を持つアーティストに光を当てながらダンス、音楽、ミュージカル等、多彩な公演を展開しており、2020年7月に東京・有明で開催されるコンサートでクライマックスを迎えます。

団体名
公益財団法人 日本財団
内容
海洋関連事業、子ども・障害者・高齢者等への支援事業、災害復興支援、ハンセン病に関する取り組み等
設立
1962年10月
URL
https://www.nippon-foundation.or.jp/

短期間でのAWS環境の構築とサイトダウンを回避するための工夫

導入前の課題

日本財団様は2019年9月〜2020年7月にかけて開催される『True Colors Festival- 超ダイバーシティ芸術祭 -』のWebサイト立ち上げを開発会社と進めていました。しかし、Webサイトを公開するインフラ環境の構築については公開を1ヶ月後に控えた状態で仕様が決まったため、早期にAWS環境を構築できる委託先を探していました。日本財団様の組織内にはインフラ専任のエンジニアがおらず、AWSの導入・構築だけでなく、運用も任せられる会社を探していたところ、Webサイトの開発会社からNHN テコラスを紹介されました。


「AWSの運用実績が豊富であり安定したサイトの運用が望めること、また早期の環境構築など柔軟な対応ができる点を評価し、AWS環境の構築、運用を任せるパートナーとしてNHN テコラスの採用を決めました。」(日本財団様)

お客様のご要望

アクセス集中によるスパイクが起きた場合にサイトが落ちないようにすること、また1ヶ月後に予定されている公開日にあわせてAWS環境の構築を素早く行うこと、この2点のご要望をもとにAWSの環境構築を行いました。
『True Colors Festival- 超ダイバーシティ芸術祭 -』のWebサイトではテレビなどで活躍する有名アーティストの情報も掲載されるため、日本財団様はサイトダウンを最も懸念されていましたが、同時にアクセス集中により運用費用が高騰しすぎることも心配されていました。そこで最適なキャパシティプランニングによりコストを抑えること、さらにアクセス集中でスペックが不足した場合にはサービスを停止することがないよう、サーバーの再起動を行わずにAmazon EC2のスペックをあげられるよう設定を行いました。これによりアクセスが集中したタイミングにだけスケールアップをするため、コストを抑えた運用を実現しています。

また開発会社からの要望により、WordPressでのサイト構築のため、Webサイトの更新時には冗長化されているインスタンスの片方を一時的にロードバランサーから切り離し、編集後に同期される設定も行いました。

障害もなく、安定した運用を実現することで、
イベントの企画・運営に集中

NHN テコラスの運用支援と導入後の効果

AWS環境の運用について、日本財団様の組織内では24時間365日の監視・障害対応が難しく、また公開後に運用を最適化する専任のインフラエンジニアもいないため、C-Chorus マネージドサービスとプロフェッショナルサポートを併用してご利用いただいています。これにより障害発生時の一次対応は全てNHN テコラスで対応、運用はAWSを熟知している専任のエンジニアから提案を行うことで最適なAWS運用を実現しています。
AWSの運用はNHN テコラスを信頼して全て任せることができるため、『True Colors Festival- 超ダイバーシティ芸術祭 -』の企画・運営に集中することができています。時間がない中で開発会社からの細かい要望にも対応していただき、3社で密なコミュニケーションをとりながら連携できたことで、無事サイトを公開することができました。Webサイトの公開後は障害もなく、安定した手間のかからない運用を実現していただけたことにとても満足しています。」(日本財団様)

NHN テコラスでは今後も円滑なAWS運用を提供することで、日本財団様の活動を支援して参ります。

AWS活用支援「C-Chorus」の資料はこちら

サービス資料をダウンロード (無料)